HPは、新しいタブレットとAndroidの水域への慎重な一歩を踏み出します

そのフラグのビジネスを活性化させるためにHPの入札はスレート7である – これは、プレミアムグレードのタブレット、また、著しく安価な装置ではありません。

その代わり、169ドルスレート7パック7インチのスクリーン、1024×600の解像度、1.6 GHzデュアルコアプロセッサ、およびストレージの8ギガバイト。それが不愉快に面倒ではありませんが、それはGoogleのNexus7のような注目すべき7インチタブレットの多くよりも大きく、重くなっています。

それらのスペックは問題ありませんが、2013年基準ではほとんど驚異的。と同じことが、パフォーマンスのために行くと品質を構築します。それは最速の、または最も強力な、または最も魅力的なタブレットではありませんが、それはほとんどの人が必要なものを行うのに十分強力です。そしてそれはいかなる手段によっても目障りではありません。 4.1  – – それは新機能の大部分を持っていることを意味し、それは、インストールされているAndroidのかなり最近のバージョンを持っていません。

2010年にパームのその悲惨な買収の副産物 – スレート7が失敗したタッチパッドタブレット以来、HPの最初の主要なタブレットのリリースです。できるだけ、HP Androidタブレットの噂が浮上したとき、国民の期待が少し高かった。

そして当然のこと。しかし、この最新の製品は少しビットややこしいです。エントリ·レベルの消費者市場のために行くことは、短期的(それはしばらくの間、今のところ浮かんでHPのコンピュータの売上を維持しています)で罰金戦略です。 HPはおそらく価格設定でより積極的になる必要があります。

関連:HPの利益は、超低期待を破って、16%を下回る

HP(HPQ、フォーチュン500)は一般的に一流のマシンよりも数百ドル安くなっていた製品を提供するコンピュータの市場とは異なり、スレート7が薄く、より軽く、より強力であるGoogleのNexus7よりわずか30ドル安いですより良いディスプレイが付属しています。ネクサス7はまた、技術の陳腐化への遅い衰退を持つことになります。

スレート7は、それが他の7または8インチのタブレットよりもかなり安価だったら買うべき細かいタブレットであろう。しかし、この場合には、より低いコストは、おそらく長期的にはより良い値には一致しません。

Leave a Reply