Mengapa saya tidak optimis tentang Google Glasses

Baru-baru ini, situs Kacamata Google telah membuka (Frequently Asked Questions) bagian FAQ, daftar 33 FAQ untuk menjawab segala macam orang untuk memahami peralatan dan keraguan. Sebagai jawaban, Google menekankan bahwa Google kacamata akan membiarkan pengguna teknologi kontrol untuk kembali mengembalikan posisi. Pencarian Google suara dapat dicapai gelas, peta, navigasi, e-mail, foto, fungsi dan kacamata untuk […] Continue reading →

Miért nem vagyok optimista a Google szemüveg

Nemrég a Google szemüveg honlapján megnyitotta a GYIK (Gyakran Ismételt Kérdések) részben, sorolja fel a 33 GYIK válaszolni mindenféle emberek megértsék a berendezések és kétségek. A választ, a Google hangsúlyozta, hogy a Google szemüveg segítségével a felhasználók vezérlési technológiát, hogy újra visszatérjen helyzetben. A Google Voice Search érhető szemüveg, térképek, navigáció, e-mail, fényképekkel, a funkcionalitás […] Continue reading →

Por qué no soy optimista sobre Google Glasses

Recientemente, el sitio web de Google Glasses ha abierto una sección de FAQ (preguntas más frecuentes), la lista de los 33 FAQ para responder a todo tipo de personas a conocer el equipo y las dudas. En respuesta, Google hizo hincapié en que las gafas de Google le permitirá tecnología de control de usuarios a […] Continue reading →

Γιατί δεν είμαι αισιόδοξος για το Google γυαλιά

Πρόσφατα, η Google γυαλιά ιστοσελίδα έχει ανοίξει ένα FAQ (Frequently Asked Questions) ενότητα, λίστα το 33 ερωτήσεις για να απαντήσει σε όλα τα είδη των ανθρώπων να καταλάβουν τον εξοπλισμό και τις αμφιβολίες. Σε απάντηση, η Google τόνισε ότι η Google γυαλιά θα αφήσει τους χρήστες της τεχνολογίας ελέγχου για την εκ νέου επιστροφή θέση. […] Continue reading →

Neden Google Gözlük konusunda iyimser değilim

Son zamanlarda, Google Gözlük web ekipman ve şüpheler anlamak için insanların her türlü cevap 33 SSS liste, bir SSS (Sık Sorulan Sorular) bölümünde açtı. Cevap olarak, Google gözlük yeniden dönmek konumuna kullanıcıları kontrol teknolojisi izin vurguladı. Google sesli arama bazı App Store uygulamaları elde etmek için gözlük, haritalar, navigasyon, e-posta, işlevsellik fotoğrafları ve gözlük elde […] Continue reading →

ฉันทำไมไม่มองในแง่ดีเกี่ยวกับ Google แว่นตา

เมื่อเร็ว ๆ นี้เว็บไซต์ Google แว่นตาได้เปิดขึ้นส่วนคำถามที่พบบ่อย (คำถามที่พบบ่อย), รายการ 33 คำถามที่พบบ่อยที่จะตอบทุกประเภทของคนที่จะเข้าใจอุปกรณ์และข้อสงสัย ในคำตอบของกูเกิลเน้นว่าแว่นตา Google จะช่วยให้ผู้ใช้เทคโนโลยีการควบคุมไปยังตำแหน่งใหม่กลับ ค้นหา Google เสียงสามารถทำได้แว่นตา, แผนที่, นำทาง, e-mail, ภาพของการทำงานและแว่นตาเพื่อให้บรรลุบางโปรแกรมใน App Store มันควรจะกล่าวว่านี่คืออุปกรณ์ที่สวมใส่ได้ฉลาด, ดูเหมือนจะค่อนข้างดึงผลิตภัณฑ์ลม ดังนั้น Google สามารถแง่ดีเกี่ยวกับสิ่งที่ในอนาคตของแว่นตา? Google แว่นตายากที่จะกลายเป็นสิ่งจำเป็น แว่นตาเป็นอุปกรณ์สวมใส่ได้ไม่ได้อยู่ที่อุปกรณ์สวมใส่ที่ต้องการ ไม่ได้เพราะคนส่วนใหญ่ชอบที่จะสวมใส่แว่นตามากขึ้นเพราะปัญหาทางการแพทย์บังคับแว่นตา บางคนชอบที่จะใช้คอนแทคเลนส์แทนแว่นตากรอบแว่นที่มีตัวตน อะไรผิดปกติกับสายตาปกติท​​ี่สวมใส่แว่นตาเวลามีขนาดเล็กมากยกเว้นในสถานการณ์ที่เฉพาะเจาะจงบางอย่างเช่นเพื่อหลีกเลี่ยงหรือเมื่อพวกเขาออกไปที่ร่มหรือขับรถด้วยนั่ง Shuaku สวยงาม Hou แก้วจะเล่นบทบาทของตัวเอง ไม่ได้ความรู้สึกตามธรรมชาติที่น่าอึดอัดใจจะสวมแว่นตาเป็นสิ่งที่ยากจะมีบางผลกระทบเชิงลบเช่นสวมแว่นตาที่จะเห็นสิ่งด้วยตาเปล่าจะเห็นสิ่งหรือรู้สึกเดียวกันเป็นเวลานานที่จะสวมใส่แว่นตาจะทำให้หูจมูกอึดอัด ถล่ม ฯลฯ นอกจากนี้ยังจะทำให้เกิดปัญหาตา Google อ้างว่าแว่นตาเพียง 40 กรัมเบามาก แต่แม้แต่อุปกรณ์แสงเพื่อให้สวมใส่บนหัวเป็นเวลานานอาจทำให้เกิดความรู้สึกอึดอัด Google บทบาทแว่นตาคือการเปลี่ยนส่วนหนึ่งของมาร์ทโฟนในปัจจุบันคุณสมบัติสมาร์ทเช่นการค้นหา navigation, ได้รับจดหมายการวางตำแหน่ง Google คาดว่าแว่นตา Google สามารถกลายเป็นสิ่งจำเป็นในชีวิตประจำวันของชีวิตมากกว่าที่จะเป็นในขณะนี้คนสวมแว่นตาอุปกรณ์ทางเลือกเดียวที่เห็นได้ชัดว่านี้ไม่ได้อยู่ในแนวเดียวกันกับคนปกตินิสัยการดำรงชีวิต นิสัยของประชาชนที่ถูกต้องไม่ได้เป็นสิ่งที่ง่ายมากน้อยอุปกรณ์ที่เป็นนวัตกรรมใหม่ที่จะนำนิสัยของประชาชนเป็นธรรมชาติมากขึ้น ดังนั้นแว่นตาในตำแหน่งที่เป็นอุปกรณ์อิเล็กทรอนิกส์หรือแสงไม่ดึงดูดสายตาของประชาชน […] Continue reading →

Kial mi ne estas optimisma pri Google Pokaloj

Lastatempe, Google Pokaloj retejo malfermis FAQ (Oftaj Demandoj) sekcio, listigi la 33 Demandoj respondi cxiajn popolo la teamo kaj duboj. En respondo, la Google substrekis ke Google glasojn lasos uzantoj kontrolo teknologio por denove reveni pozicio. Google voĉo serĉo povas atingi pokaloj, mapoj, navigacio, retpoŝto, fotoj de funkciojn kaj glasoj por atingi iujn app vendejo […] Continue reading →

なぜ私はGoogleのメガネについて楽観的ではないです

最近では、Googleのメガネのウェブサイトは、機器や疑問を理解するためにあらゆる種類の人々に答える33 FAQを一覧表示、FAQ(よくある質問)のセクションを開いた。答えは、Googleは、Googleのメガネが再復帰位置にユーザー制御技術をできるようになることを強調した。 Googleの音声検索は、眼鏡、地図、ナビゲーション、電子メール、いくつかのApp Storeのアプリケーションを実現するための機能と眼鏡の写真を達成することができます。これは、インテリジェントなウェアラブルデバイス比較的風製品を引っ張るように表示されていることを指摘しておかなければなりませ。だから、Googleがメガネのどの未来について楽観的になることができますか? Googleが必要になることは難しいのメガネ ウェアラブルデバイスとしてメガネは、必要なウェアラブルデバイスに属していません。ほとんどの人は、眼鏡を着用してより多くのための医学的な問題のメガネを強制するために好きではないので。一部の人々は、具体的な眼鏡とコンタクトレンズの代わりに、眼鏡フレームを使用することを好む。メガネの時間を着用通常の目には何も問題は、このような回避、または、彼らは日陰を出て行くとき、または美しい乗っShuaku侯で車を運転するためになど、特定の具体的な状況を除いて、非常に小さいではありません、ガラスはその役割を果たすことになる。眼鏡を身に着けていることは難しいことですが、そのようなことを見たり、眼鏡を着用するのに長い時間のために全く同じように感じるように肉眼で物事を見るために眼鏡を着用してのようないくつかの負の影響があるでしょう厄介ではない自然な感じが、、鼻、耳が不快になります沈下、なども目の問題が発生します。 Googleがメガネをわずか40グラム、非常に軽いですが、長い時間のための頭の上に着用しても、光機器を主張していますが、不快感を引き起こす可能性があります。グーグルメガネの役割は、メールを受信し、位置を、検索、ナビゲーションとしてスマートフォン最近スマートな機能の一部を交換することです。 Googleは、Googleのメガネは今のように人々は唯一の機器選択を、明らかにこれは普通の人々の生活習慣に沿っていない眼鏡を着用して、人生の毎日の必需品になるのではなく、することができます期待しています。正しい国民の習慣ははるかに少ない、国民の習慣がより自然に導くために革新的なデバイスを簡単なことではありません。したがって、電子的または光デバイスとして位置づけ眼鏡は公共の目を引き付けることはありません。また、グーグルはよくグーグルに記載されている “Googleはすぐに開発できる機器のエチケットの使用のように眼鏡を着用するために期待しています。”エチケットルールの形成が非常に自制を必要としませんが、明らかに儀式の形成は、一晩のものではありませんが、あまりにも多くの法律や規制が制約される必要がある場合、国民の習慣は、このような、明らかに、形成デバイス自体が、表示され、多くの疑問があります。 視力ユーザーの法線を妨げる Googleの開発者は、Googleの眼鏡を常に切り替えることができる重点が視力の人の通常のラインに干渉しないだけで、マイクロコンピュータは、それが人々の普通の生活に干渉しないでしょうしながらレンズの上に配置する装置である保持されます。通常の状況下では、スマートフォンやタブレットコンピュータの画面上に固定されて目を持つ人々は、それが状況を周囲の目の隅に注意を払うだろう。ただし、Googleのメガネを開いたときに、目が25インチの画面に投影を提示し、自然に人々がスクリーンの前でこれを懸念しているときに、画面はすべての目は、仮想世界の内容によって魅了され、あなたは自然に現実の世界を無視しますケース懸念。 Googleのメガネは、家庭の位置決め、またはオフィスモバイル機器に主に適用されるデバイスを、使用には適していませんように。したがって、現実の世界の変化は、現実の世界では、Googleのメガネ仮想世界の注目のために人々の変化に影響を与えることは困難である。そして、これは、人間の行動の本当の世界の一部に影響を与えるにバインドされては、現実の世界と生活の仮想世界を区別することが困難な場合がある、実際の生活の中で人々の行動の当然の結果では、エラー率が上昇する。対人コミュニケーションの社会的性質が大幅に削減されるように障壁を設定する人々の間の通信のように、Googleのメガネ、。 放射線は避けられない Googleのメガネは、無線端末装置内の位置でなければなりません。そして、これは人々の頭に着用無線端末装置を来る長い時間になります。自然の無線装置は、必然的に、放射線のワイヤレスネットワークの問題に直面しています。のWi-Fiの放射線は人体に有害であり、決定的となっています。インテリジェントマシン、タブレットPC、これらの一般的なまたは携帯無線デバイス、または袋の上に、Googleは眼鏡を着用するのに長い時間がかかりますが、それは頭の中は、位置に頭の中で脳の中枢神経系のようなので、中枢神経に近いそれは、任意の副作用を持っていなかったと言うことが科学的、決定的なハードの場合は、長距離ワイヤレスネットワークの放射線を受けた。 スマートフォンの代替?長い道のり テキストメッセージと電話で、現在はまだわずか補助機能を伝えながら、Googleのメガネは今、検索、ナビゲーション、電子メール、場所、写真、ビデオ、およびその他の機能を持っています。一方、Googleのメガネ運用制約によって、現在のソフトウェアアプリケーションはインテリジェントマシン、タブレットPCの同期ではありません。だからGoogleのメガネは、少なくとも現時点では完全にタブレットやスマートフォンを置き換えることはできません。これは、Googleのメガネはインテリジェントマシン、タブレット代替製品は1つだけデリバティブではないことを意味します。これは、Googleがメガネだけスマー​​トフォン、ケースで使用すると不便なタブレットPCは、その機能の一部の行使をすることを意味。平均的なユーザーのためには、Googleが目に見えないような増加が明らかに同じであるインテリジェントマシン身近に持っている眼鏡を取ったので、余分な無線端末装置を追加した場合のスマートフォンやタブレットを持ちたい、とはありません必需品のような無味。 Googleのメガネメガネいつものルーチンの習慣に反したようなウェアラブルデバイス用のGoogleはポジショニング、Googleのメガネスマートフォンやタブレットの代替が、簡素化改善誘導体のようなもっとない間。人体のGoogleグラス挙動の生活の人々の現実世界への影響でも、Googleの眼鏡ながらも決定的である。このような製品があっても世界に独自の、革新的な面を見せるが、彼らは国民の習慣や嗜好を満たしていないので、最終的には段階的に廃止されます。 Continue reading →