“The Guardian”: dormanta jardeko Microsoft

Konata fremdaj komunikiloj, “The Guardian” Online, skribis lastatempe en la pasinta jardeko, Retejo serĉo, publikeco online, kaj inteligentaj telefonoj ne estas temo por Microsoft atento, teknologio gigante nun fine vekiĝis el sonĝo ankoraŭ? Antaŭ longa tempo, juna viro nomata Vilĉjo havis sonĝon de la estonteco. Li esperis, ke “Cxiu tablo povas havi personan komputilon, ĉiu […] Continue reading →

“ガーディアン”:睡眠十マイクロソフトTaimengchuxing

既知の外国メディアは、 “ガーディアン”オンライン、過去10年間に最近書いた、Web検索、オンライン広告、およびスマートフォンは、Microsoftの注意の対象にはなりません、技術の巨人はついにまだ夢から覚めた? 昔、ビルという名の若者は、将来の夢を見た。彼は、 “すべてのデスクが各コンピュータには、Microsoftソフトウェアを実行している、パソコンを持つことができます”と、いくつかの時間の後、彼の夢が叶った期待、ビル会社は世界最大の金儲けのマシンになることを共同設立法案はまた、世界で最も裕福な人々になっています。 Microsoftのビジネスモデルは絶妙です。 、これらのメーカーは利益率は生産設備の縮小と、台湾や他の場所に位置している “オリジナル機器メーカー(OEM)”と誰か行うためにコンピュータのハードウェアの製造、退屈な仕事。とやるために、Microsoftは、オペレーティングシステムとOfficeアプリケーション·ソフトウェアを書くことです。これらのソフトウェアは、高価な文鎮からOEMハードウェアを生成することができる効果的な企業が作業するためのツールに変換することができる。 プログラムが書かれた後にこれらのソフトウェアの最大コストの作成の過程で、早い内にある、今後の作業が新たな投資を必要とせずにコピーされます。彼らの独占家賃を集めているMicrosoft Windowsと相まって、常に企業に好まれており、ビルと彼の同僚は、実行する必要があります。そして、彼らは本当ですか。 マイクロソフトでは、机からの主なエネルギー利益に賭けているので実際には、そうは非常に重要な変化に気付かなかった。この変更は、インターネットと呼ばれて、スタートアップ企業のNetscapeは、それを開発するために本格化している。 Netscapeの指導者たちは大胆に構想していた、いわゆる “ウェブブラウザ”ソフトウェアはいつかWindowsなどのオペレーティング·システムに置き換えられます。 インターネットの魅力はビルに魅了された後。 1995年、彼は有名な会社の内部メモを書いた、彼はインターネットの流れを例える。 “過去数年間で、インターネットの発展は、”彼が書いた、 “私は、インターネットは、いくつかの異なる段階を経てきた表示……我々の業界の方向性を決定するために、将来的に非常に長い時間になりますが、今、私はインターネットがこのメモの中で最も重要だと思う、私は明確には、Microsoftのインターネット事業は最も重要なものの後に1981年に導入されたインターネットのそれぞれのために非常に重要であるIBM PCから作成されたことであることを確認したい言葉進歩。 ” ゲイツビューによって、インターネットには、Microsoftに非常に深刻な脅威をもたらすでしょう。マイクロソフトのすべての事業部門と同様に、各製品の生産は、でなければならず、インターネットが関係する。予期しない、彼は成功した彼の約束を果たしたということです。同社の変革を実現するために非常にすぐに時間ビル。彼はNetscapeを破壊するために決定されていたので、このプロセスでは、彼はほとんど危険を閉じるマイクロソフト寸前になります。調査で連邦判事は、Microsoftがその独占的地位は、そのオペレーティングシステムで、その下限のWebブラウザを乱用していることがわかった。最終的には、マイクロソフトが訴えられており、反トラスト訴訟は、最終的には殷Qiaozhiは·W·ブッシュ大統領は、問題の残りを聞かせて、2000年に選挙に勝った。 Microsoftは再び回復する機会を得ました。 偶然にも、同じ年に、ゲイツ氏はMicrosoftの最高経営責任者(CEO)の位置を却下し、徐々にマイクロソフト社の経営から撤退した。しかし、彼はちょうど後ろに座ると、より多くの何を楽しんでないようにしたい、現在のCEOスティーブバルマー(Steve Ballmer氏)を含め、彼のポジションを引き継いだ男性に気付かなかった。 彼らは次のウェブ検索、オンライン広告、スマートフォンやそれのタブレットPCの重要性に気づいたまで他に何が近づいて目の脅威を説明することができますか?それともただヒュー睡眠を継続で元のWindowsとOfficeの販売をしたいのですか? 突然、彼らはもはやそう地面を安心されていないデータへの安心ができました。 PCの売上高は、Microsoftの “快適ゾーン”を減少させることができることを意味し、急激に減少し始めた。ちょうど先週、バルマー氏は、Microsoftが目を覚ますことが最初の兆候。最大2700まで、一言で言えば、唾液官僚内部メモでいっぱい、バルマー氏は、私たちは、より効率的、より速く、より使用できるようになります再編計画の臨時感覚で “会社を発表この急速に変化する世界の技術革新における能力。 ” 複数のMicrosoft内部の戦闘群、すなわち “製品グループ”が溶解され、会社全体(97,000の従業員の合計)もそのスケジュールを変更するために、オンライン上の “機能”(エンジニアリング部門、マーケティング部門、部門とR&Dを計画する)になります目的は、 “戦略的な共同の努力で会社全体を作ること”でした。 その後、同社は最終的に “1戦略”のすべてが何であるかを許すことに合意したのか?なぜ “。良い機器や人々は、企業が最も重要なビジネスを支援するために彼らの最も大切な活動を完了するのに役立つことができる一連のサービスを起動するための戦略を実行するために行く”必要がありますこれらの言葉には、短期的に、と言うことです。我々は持っていない見当を、本当に、私たちは何かをやって忙しくされて調べる必要があります。 彼が出ることを選んだとき、すべてが大丈夫だった:あなたはビル·ゲイツのどの側面が好きかどうか、あなたは時間ポイントの精度の把握のために彼を賞賛する必要があります。 Continue reading →

“The Guardian”: dormir década Microsoft Taimengchuxing

Meios de comunicação estrangeiros conhecidos, “The Guardian” online, escreveu recentemente na última década, busca na web, publicidade on-line, e smartphones não estão sujeitas a atenção da Microsoft, a gigante da tecnologia agora finalmente acordou de um sonho ainda? Há muito tempo atrás, um jovem chamado Bill teve um sonho do futuro. Ele esperava que “Cada […] Continue reading →

“The Guardian” “: miega dešimtmetį” Microsoft “Taimengchuxing

Žinomos užsienio žiniasklaida, “The Guardian” “Online”, rašė neseniai per pastarąjį dešimtmetį, interneto paieška, reklama internete, ir smart phones yra netaikomi Microsoft dėmesio, technologijų milžinė pagaliau pabudo iš sapno dar? Seniai, jaunas vyras, vardu Bill turėjo ateities svajonė. Jis išreiškė viltį, kad “Kiekvienas stalas gali turėti asmeninį kompiuterį, kiekvienas kompiuteris veikia Microsoft” programinę įrangą. “Po tam […] Continue reading →

“Custos”; dormientes decade Microsoft Taimengchuxing

Notum aliena media, “custos” Online, nuper scripsit in praeteritum decade, Web quaerere, online vendo, dolor phones sunt non subiectum ad Microsoft scriptor animos et, technology gigantem, nunc demum expergefactus e somno adhuc? Iampridem iuvenis nomine rutrum somnium futurorum. Optare ut ‘omnis homo potest habere desk computer sulum computer currit software Microsoft “. Et post aliquod […] Continue reading →

“ಗಾರ್ಡಿಯನ್”: ನಿದ್ದೆ ದಶಕದ ಮೈಕ್ರೋಸಾಫ್ಟ್ Taimengchuxing

ಪರಿಚಿತ ವಿದೇಶಿ ಮಾಧ್ಯಮ, “ಗಾರ್ಡಿಯನ್” ಆನ್ಲೈನ್, ಕಳೆದ ದಶಕದಲ್ಲಿ ಇತ್ತೀಚೆಗೆ ಬರೆದ, ವೆಬ್ ಹುಡುಕಾಟ, ಆನ್ಲೈನ್ ಜಾಹೀರಾತು, ಮತ್ತು ಸ್ಮಾರ್ಟ್ ಫೋನ್ಗಳು ಮೈಕ್ರೋಸಾಫ್ಟ್ನ ಗಮನ ಒಳಪಡುವುದಿಲ್ಲ, ತಂತ್ರಜ್ಞಾನ ದೈತ್ಯ ಈಗ ಅಂತಿಮವಾಗಿ ಇನ್ನೂ ಒಂದು ಕನಸಿನ ರಿಂದ ಎಚ್ಚರವಾಯಿತು? ಬಹಳ ಹಿಂದೆಯೇ, ಬಿಲ್ ಎಂಬ ಯುವಕ ಭವಿಷ್ಯದ ಕನಸನ್ನು ಹೊತ್ತಿದ್ದರು. ಅವರು ಆಶಿಸಿದ್ದರು “ಪ್ರತಿಯೊಂದು ಮೇಜಿನ ಒಂದು ವೈಯಕ್ತಿಕ ಕಂಪ್ಯೂಟರ್ ಹೊಂದಬಹುದು, ಪ್ರತಿ ಕಂಪ್ಯೂಟರ್ ಮೈಕ್ರೋಸಾಫ್ಟ್ ತಂತ್ರಾಂಶ ಚಾಲನೆಯಲ್ಲಿದೆ.” ಕೆಲವು ಸಮಯದ ನಂತರ, ಅವರ ಕನಸು, ಕಂಪನಿಯ […] Continue reading →

“The Guardian”: ložnice desetiletí Microsoft Taimengchuxing

Známé zahraniční média, “The Guardian” on-line, nedávno napsal v posledním desetiletí, vyhledávání na webu, on-line reklamy a chytré telefony nejsou předmětem pozornosti Microsoft, obr technologie konečně probudil ze snu ještě? Kdysi dávno, mladý muž jménem Bill měl sen o budoucnosti. Doufal, že “každý stůl může mít osobní počítač, každý počítač se systémem Microsoft software.” Po […] Continue reading →

“가디언”수면 년 마이크로 소프트 Taimengchuxing

알려진 외국 언론은 “가디언”온라인은 지난 10 년간 최근에 쓴, 웹 검색, 온라인 광고, 스마트 폰은 마이크로 소프트의 관심 대상이되지 않습니다, 기술 거인은 이제 마지막으로 아직 꿈에서 깨어? 오래 전, 빌이라는 젊은 남자가 미래의 꿈을 가지고 있었다. 그는 바랐다 “모든 책상에 개인용 컴퓨터를 가질 수, 각 컴퓨터에서 Microsoft 소프트웨어를 실행하고 있습니다.”잠시 후, 그의 꿈은,이 회사는 세계에서 […] Continue reading →