Masukkan menakjubkan dunia India inovasi hemat

Pada tahun 2001 sebuah gempa besar mengguncang negara bagian Gujarat di India. 2.000 orang tewas, 400.000 kehilangan rumah mereka, dan tak terhitung lagi kehilangan usaha mereka di kehancuran. Salah satu pengusaha muda, Mansukhbhai Prajapati, kehilangan segalanya, tetapi menemukan cara yang inovatif untuk kembali ke kakinya. Prajapati merancang kulkas liat murah yang tidak membutuhkan listrik dan […] Continue reading →

Adja India csodálatos világ takarékos innováció

2001-ben egy hatalmas földrengés rázta meg a Gujarat állam Indiában. 2000 ember halt meg, 400.000 elvesztették otthonaikat, és számtalan elvesztette a vállalkozások, a pusztítás. Egy fiatal vállalkozó, Mansukhbhai Prajapati, elvesztettem mindent, de nem talált olyan innovatív módon, hogy újra a lábát. Prajapati tervezett olcsó agyag hűtőszekrény, amely nem igényelt áram és továbbra is működik abban […] Continue reading →

Εισάγετε εκπληκτικό κόσμο της Ινδίας λιτή καινοτομίας

Το 2001 ένας τεράστιος σεισμός συγκλόνισε την πολιτεία του Γκουτζαράτ της Ινδίας. 2.000 άνθρωποι σκοτώθηκαν, 400.000 έχασαν τα σπίτια τους, καθώς και αμέτρητα άλλα έχασαν τις επιχειρήσεις τους στην καταστροφή. Ένας νέος επιχειρηματίας, Mansukhbhai Πρατζαπάτι, έχασε τα πάντα, αλλά βρήκε έναν καινοτόμο τρόπο για να πάρει πίσω στα πόδια του. Πρατζαπάτι σχεδίασε ένα χαμηλού κόστους […] Continue reading →

Tutumlu yenilik Hindistan’ın inanılmaz dünyasına girin

2001 yılında büyük bir deprem Hindistan’da Gujarat eyaletinde salladı. 2.000 kişi öldü, 400.000 evlerini kaybetti, ve sayısız daha yıkım işlerini kaybetti. Bir genç girişimci, Mansukhbhai Prajapati, her şeyini kaybetti, ama kendi ayakları üzerinde geri almak için yenilikçi bir yol buldu. Prajapati elektrik yok gerekli ve büyük felaketler ya da köyüne harap biri olarak kesintileri durumunda […] Continue reading →

เข้าสู่โลกที่น่าตื่นตาตื่นใจของอินเดียของนวัตกรรมประหยัด

ในปี 2001 เกิดแผ่นดินไหวขนาดใหญ่ส่ายของรัฐคุชราตในประเทศอินเดีย 2,000 คนถูกฆ่าตาย, 400,000 สูญเสียบ้านของพวกเขาและอีกนับไม่ถ้วนสูญเสียธุรกิจของพวกเขาในการทำลายล้าง หนึ่งในผู้ประกอบการหนุ่ม Mansukhbhai Prajapati, สูญเสียทุกอย่าง แต่ไม่พบวิธีใหม่ในการได้รับกลับมาที่เท้าของเขา Prajapati ออกแบบตู้เย็นดินเหนียวที่ใช้ต้นทุนต่ำซึ่งต้องไม่มีไฟฟ้าและยังคงทำงานในกรณีที่เกิดภัยพิบัติใหญ่หรือหมดสติเช่นหนึ่งที่ทำลายหมู่บ้านของเขา การประดิษฐ์ Prajapati เป็นส่วนหนึ่งของแนวโน้มการเติบโตในประเทศอินเดียที่ได้กลายเป็นที่รู้จักในฐานะ “นวัตกรรมประหยัด” – ประดิษฐ์ต่ำกว่าเรดาร์ทั่วประเทศการณ์โซลูชั่นต้นทุนต่ำในการแก้ไขปัญหาในท้องถิ่นมักจะพัดพาความจำเป็นโดยใช้เทคโนโลยี bespoke ของพวกเขาเอง การสร้าง อ่าน: อนาคตของการขนส่งเป็นรถที่ตัวเองขับรถ ที่โดดเด่นดังนั้นมีแนวโน้มสำหรับนวัตกรรมประหยัดกลายเป็นว่าปีที่ผ่านมาสำหรับประกันชีวิตแห่งชาติวิทยาศาสตร์เทคโนโลยีและศิลปะ (เนส), การกุศลอิสระในสหราชอาณาจักรและนายตีพิมพ์บทความวิจัยที่สำคัญเกี่ยวกับปรากฏการณ์ วิธีการปฏิวัตินักบินนำทาง คณิตศาสตร์หวือเครื่องแปลภาษาปริญญาโท ความสำเร็จเงียบของบานพับ BLUMOTION แรงบันดาลใจของพระเจ้าที่อยู่เบื้องหลังการโพสต์มันกระดาษโน้ตบอกว่า “นวัตกรรมประหยัดที่พบในระบบอินเดีย: จาก … ความพยายามที่จะค้นพบยา crowdsource แรงผลักดันจากห้องปฏิบัติการของรัฐบาลเพื่อให้วิธีการภารตีแอร์เทลเพื่อตัดค่าใช้จ่ายของโทรศัพท์มือถือเพื่อ Keralan วิธีการดูแลแบบประคับประคองซึ่งให้การเข้าถึงที่จะสนับสนุนในตอนท้ายของชีวิตเป็นพัน ๆ ในช่องว่างของการดูแลสุขภาพอย่างเป็นทางการ. ” อยู่ในระดับแนวหน้าของการเคลื่อนไหวนวัตกรรมประหยัดศาสตราจารย์ Anil Gupta ที่สำหรับที่ผ่านมา 20 ปีได้รับการเดินทางไปทั่วประเทศอินเดียในการค้นหาของนักประดิษฐ์ในประเทศที่มีความคิดสร้างสรรค์มีผลกระทบในเชิงบวกต่อความยากจนในชนบทคือ ในปี 1989 Gupta ก่อตั้งเครือข่ายผึ้งองค์กรที่ปล่องนักประดิษฐ์ระดับรากหญ้าและช่วยนำสิ่งประดิษฐ์ของพวกเขาไปทั่วโลก “ผมได้เดินประมาณ […] Continue reading →

Entajpu hindiaj mirinda mondo de frugal novigo

En 2001 grandega tertremo skuis la stato de Gujarat en Barato. 2.000 homoj estis mortigita, 400.000 perdis siajn hejmojn, kaj sennombraj pli perdis sian negocojn en la detruo. Unu juna entreprenisto, Mansukhbhai Prajapati, perdis ĉiun, sed trovis pionira maniero reiri sur siaj piedoj. Prajapati desegnis malalta kosto argilo fridujo kiu postulis sen elektro kaj daŭre […] Continue reading →

質素なイノベーションのインドの驚くべき世界を入力してください

2001年に巨大地震がインドのグジャラート州の状態を横に振った。 2,000人が死亡、40万が家を失った、そして数え切れないほどの多くのは、荒廃で自分のビジネスを失った。 一人の若い起業家、Mansukhbhai Prajapatiは、すべてを失ったが、彼の足に戻って取得するための革新的な方法を発見した。 Prajapatiは電気を必要としない、そのような彼の村を荒廃させたものと主要な災害や停電が発生した場合に機能し続けた低コストの粘土冷蔵庫を設計しました。 独自のオーダーメイドの技術を使って、多くの場合、必然的に負担地域の問題に低コストのソリューションを考案全国床下レーダー発明者、、 – Prajapatiの発明は、 “質素イノベーション”として知られるようになったインドの成長傾向の一部である創作。 読む:輸送の未来は、自己運転の車です だから印象になって質素な革新のための傾向、昨年を持って科学技術と芸術(ネスタ)、英国では独立した慈善団体、委託や現象に主要な研究論文を発表するための国家基金。 パイロットはナビゲーションに革命をもたらし方法 数学の達人マスター機械翻訳 BLUMOTIONヒンジのサイレント成功 背後にある神のインスピレーションポストイットは紙が質素なイノベーションがインドのシステムで発見され “と言ったノート:から…携帯電話の通話のコストをカットするバーティ·エアテルのアプローチに、ケララ州には、政府のラボで駆動創薬をクラウドソースするための努力正式な医療の空隙で何千もの生活の終わりにサポートするためのアクセスを提供している緩和ケアへのアプローチ。 ” 質素な革新運動の最前線で創造農村部の貧困にプラスの影響を与えてきた地元の発明者の検索では、インド全土旅行された、過去20年間、教授アニル·グプタです。 1989年に、グプタはハニービーネットワーク、草の根発明を暴く組織を設立し、世界に自分の発明をもたらすのに役立ちます。 “私は最後の12年間で約4,000キロを歩いた、”グプタ氏は述べています。 “私は全国作成している人々の心をマップしようとしています。” 読む:高校十代ワンマン潜水艦を構築 グプタの旅では、伝統的な知識、容易に入手可能な材料を使用して、質素な方法で一般的な問題を解決して発明者との接触に彼をもたらした。 彼自身の清算により、グプタはハニービーネットワークがバイクマウント作物噴霧器、木登りするための装置であって、水陸両用自転車や風力灌漑システムを含む25,000新しい発明、にわたって発掘役立っていると考えている。 キルスティンバウンド、ネスタの報告書の著者は、 “質素なイノベーションは制約活用を作成する方法についてのすべてであると言います。希少資源や制度ボイドに直面して、質素なイノベーターそれは物事が安いことについてだけではない。問題への抜本的な新しいソリューションを開発しますが、より良い、より適切かつスケーラブルな。それは、新しい方法で利用可能なリソースを活用し、廃棄物の削減や再利用したり、製品やサービスを中心システム全体を再思考が含まれます。 ” Mansukhbhaiパテル、Gujerati農家は、ちょうどそのような製品を考案した。グジャラート州綿を選ぶことは頻繁に子供たちによって行われており、過去には、手動の作業です。関連する作業を減らすために入札では、パテルは、一人で操作することができます綿リッピングマシンを発明した。教授グプタ発明は著しく地域の児童労働を削減する助けていると考えています。 読む:オークション壮大ハイテク ‘初’アップ 何も互いから学ぶことから人々を防ぐ正当化することはできません アニル·グプタ、アピスネットワークfounderFrugalデジタル、インタラクションデザインのコペンハーゲン研究所が運営する研究グループは、まさに本発明のこの種のを促進しようとしています。グループが亜大陸全体で不朽の問題を解決するために安価な、 “ハッキング”デバイスを構築するためにインドの発明者と連携してプロジェクトを実行します。 プリヤマニ、質素なデジタルのためのプロジェクトマネージャーは、から学ぶことがたくさんあると言っている “あなたは毎日の漂流者オブジェクトをハックする方法を考えるが。”組織はインドの発明者と連携して実行されたプロジェクトは、すでに別の目的の携帯電話の部品や古い目覚まし時計から作られた低コストの健康スクリーニングツールから作ら教室のプロジェクターなど、今日、インドで使用されている製品を、得られている。 “人々は我々は古いパーツの新しい何か外を作成しようと完全にナッツと思っていた。”:しかしマニは、インドで質素な革新者によって行われている仕事はかなりの国際的な影響を及ぼすには至っていないと考えています バウンドは質素な技術革新と技術を再利用の実践哲学がグローバルに適用することができると考えています。 “インドから出て質素な技術革新は、世界の残りのための重要な意味を持つ可能性が”バウンド言う。 “ゼネラル·エレクトリックは、インドのヘルスケア市場の制約から生まれた製品のための西部の市場があることが、その今では有名な超低コスト心電図マシンで示したものであり、多国籍企業は、イノベーションの既存の投資を集中的なモデルが直面することができる方法を考えるように強制インドと中国の多国籍企業との競争の激化は避けられない。 ” 教授アニル·グプタは、地元インドのinventorsReadを満たしている:元警官は、家庭用品からロボットを構築 もちろん、質素なイノベーションのすべてではない物語はハッピーエンドを持っている。 1975年には、インド全体で洪水と、停止にビハール州をもたらした。 Jatwa-Janerwa村の上昇水は、それは不可能、多くの人々が、仕事買い物や日常生活についての行くために作られた。 ローカル蜂蜜のセールスマン、モハメドSaidullahは、販売蜂蜜のため腫れガンジス川を渡ることを余儀なくさが、すべての旅行は価格で来た – ボートは高価だったと課税が極貧に向け、彼を運転していた支払う – ので、彼は斬新なソリューションを思いついた。 Saidullahは、固体設計と建設の三日間、自分自身を離れてロックされています。彼が現れたとき、彼は彼が毎年恒例のモンスーンと競合できるようになる水陸両用の自転車を構築していた。 それは、通常の自転車のように見えたが、各車輪の側面に取り付け大きな引き込み式フロートを持っていた。 Saidullah人の発明は彼にナショナル·イノベーション財団の特別功労賞を含む賞のいかだを獲得。まだ認識にもかかわらず、本発明者は、依然として貧困に住んでいます。 読む:USBは ‘ロックスター’にエンジニアになった方法 グプタは、資金調達との創造的な人々を接続するにはまだやるべきことはなく、すべてのそれのは、公共の財布から来ることができる仕事があると言う。 […] Continue reading →

Digite o incrível mundo da inovação frugal da Índia

Em 2001, um grande terremoto abalou o estado de Gujarat, na Índia. 2.000 pessoas foram mortas, 400 mil perderam suas casas, e inúmeras outras perderam seus negócios na devastação. Um jovem empresário, Mansukhbhai Prajapati, perdeu tudo, mas encontrou uma forma inovadora de obter de volta em seus pés. Prajapati projetado um frigorífico argila de baixo […] Continue reading →