Lone Sinyal bertujuan untuk mengirim “Halo!” tweet untuk makhluk luar angkasa

Apakah Anda membayar 25 sen untuk mengirim tweet ke ruang pada kesempatan aneh bahwa alien mungkin membacanya? Para pendiri Sinyal Lone berharap begitu. The New York startup meluncurkan website baru di mana setiap orang dapat mengirimkan pesan yang akan disiarkan ke sebuah bintang 17 tahun cahaya jauhnya. Pesan akan dikirim dari dongeng Stasiun Bumi Jamesburg, […] Continue reading →

Lone Jel célja, hogy küldjön “Hello!” tweets a földönkívüliek

Kíván fizetni, 25 cent, hogy küldjön egy tweet, hogy helyet a páratlan lehetőséget, hogy egy idegen lehet olvasni? Az alapítók Lone Signal remélem. A New York-i indítás egy új weboldal, amelyen keresztül bárki be üzeneteket is közvetítenek a csillag 17 fényévre van tőlünk. Az üzeneteket küldött a legendás Jamesburg földi állomás, egy műholdas helyszínen, hogy […] Continue reading →

Lone σήματος έχει ως στόχο να στείλει “Hello!” tweets σε εξωγήινους

Θα πληρώσει 25 σεντς για να στείλετε ένα tweet στο διάστημα πάνω στις αποδόσεις πιθανότητα ότι ένας αλλοδαπός μπορεί να το διαβάσει; Οι ιδρυτές της Lone Signal ελπίζω. Η Νέα Υόρκη εκκίνηση εγκαινιάζει μια νέα ιστοσελίδα μέσω της οποίας ο καθένας μπορεί να υποβάλει τα μηνύματα που θα μεταδίδονται σε μια ξενοδοχείων 17 έτη φωτός […] Continue reading →

Lone Sinyal göndermek hedefliyor “merhaba!” uzaylılar için tweets

Bir yabancı okumak olabilir tek şans alana bir tweet göndermek için 25 sent ödeyecek? Lone Sinyal kurucuları öyle umuyorum. New York başlangıç ​​herkes 17 ışık yılı uzaklıkta bir yıldız için yayınlanacak mesajları gönderebilirsiniz hangi aracılığıyla yeni bir web sitesi başlatıyor. Mesajları efsanevi Jamesburg Yer İstasyonu, ilk Apollo 11 aya misyonu desteklemek için inşa edilmiş bir […] Continue reading →

โลนสัญญาณมีจุดมุ่งหมายที่จะส่ง “Hello!” ทวีตไปยังมนุษย์ต่างดาว

คุณจะจ่าย 25 เซนต์เพื่อส่งทวีตไปยังพื้นที่ในโอกาสแปลกที่คนต่างด้าวอาจจะอ่านหรือไม่ ผู้ก่อตั้งของสัญญาณโลนหวังว่าดังนั้น นิวยอร์กเริ่มต้นจะเปิดตัวเว็บไซต์ใหม่ผ่านทางที่ทุกคนสามารถส่งข้อความที่จะออกอากาศเป็นดารา 17 ปีแสง ข้อความจะถูกส่งมาจากตัวตน Jamesburg โลกสถานีดาวเทียมเว็บไซต์ที่ถูกสร้างขึ้นเป็นครั้งแรกเพื่อสนับสนุนการปฏิบัติภารกิจอพอลโล 11 ดวงจันทร์ สถานที่ให้บริการซึ่งรวมถึง 160 เอเคอร์ของอสังหาริมทรัพย์ที่สำคัญในรัฐแคลิฟอร์เนียของชนบท Carmel Valley ขณะนี้เอกชนเป็นเจ้าของและสัญญาณโลนมีหลักประกันสัญญาเช่า 30 ปีในอุปกรณ์ดาวเทียม แต่สัญญาณโลนมีเป้าหมายความทะเยอทะยานมากขึ้น ถ้าโครงการปัจจุบันประกายความสนใจมากพอที่ทั่วโลก บริษัท ฯ หวังที่จะยกระดับในที่สุดชนิดของเงินที่จำเป็นสำหรับการส่งโครงการเต็มรูปแบบต่อเนื่อง – ความพยายามที่จะเสียค่าใช้จ่ายประมาณ $ 100,000,000 และจำเป็นต้องใช้จานรับสัญญาณดาวเทียมในซีกโลกแต่ละ “วิธีเดียวที่จะทำเช่นนั้นก็จะไปสนใจภาคเอกชนในลักษณะเดียวกับที่สเปซเอ็กซ์ได้นำภาคเอกชนในการสำรวจอวกาศ” เจมี่คิง, ซีอีโอโลนสัญญาณบอกว่า นั่นเป็นเป้าหมายของโครงการส่งข้อความ-โลนของสัญญาณที่จะสร้างความสนใจมวลตลาดในแนวคิดของการสื่อสารกับมนุษย์ต่างดาว เมื่อเว็บไซต์โลนสัญญาณของการเปิดตัวต่อสาธารณชนเมื่อวันจันทร์ตอนเย็นทุกคนจะสามารถโพสต์ข้อความหนึ่งข้อความ 144 ตัวอักษรสำหรับฟรี หลังจากนั้นพวกเขาสามารถซื้อสี่ “เครดิต” สำหรับ 99 เซนต์ซึ่งซื้อสี่ข้อความ ข้อความที่ถูกคานไป Gliese 526 ระบบสุริยะอาศัยอยู่ที่อาจเกิดขึ้นที่ค่อนข้างใกล้กับโลก นอกจากนี้ยังมีข้อความที่สามารถเขียนในภาษาใด ๆ สัญญาณโลนพร้อมกันจะส่งข้อความที่เขียนในรหัสไบนารี – คอมพิวเตอร์ใช้ภาษาในการสื่อสาร – ที่มีหลักการพื้นฐานของฟิสิกส์ แนวคิดก็คือว่าหลักการเหล่านี้นำไปใช้ทั่วทั้งจักรวาลและทำให้มีแนวโน้มที่จะต้องทำความเข้าใจโดยคนต่างด้าวเกินกว่าการพูด, ข้อความเขียนเป็นภาษาอังกฤษ […] Continue reading →

ローンシグナルが送信することを目指して、 “こんにちは!”地球外生命体へのつぶやき

あなたは外国人がそれを読むかもしれないという奇妙な偶然に空間につぶやきを送信するために25セントを支払うことになる?ローン信号の創設者はそう願っています。ニューヨークの起動は、誰もが17光年離れた星に放送されたメッセージを送信することができるを通じて新しいウェブサイトを立ち上げている。 メッセージは、伝説的なJamesburgの地球局、最初のアポロ11号月面ミッションをサポートするために建設された人工衛星のサイトから送信されます。カリフォルニア州の農村カーメルバレーの一等地の不動産の160エーカーを含むプロパティが、現在個人的に所有され、かつローン信号は衛星機器の30年間のリースを確保しています。 しかし、ローンシグナルはより野心的な目標を持っています。推定1億ドルを要し、各半球で衛星アンテナが必要となる努力 – 現在のプロジェクトは、世界中の十分な関心を火花場合、同社は最終的には本格的な連続送信プロジェクトに必要なお金の種類を調達したいと考えている。 “を行うための唯一の方法は、スペースXは、宇宙探査への民間セクターをもたらしたのと同じ方法で、民間部門が興味をすることであろう、”ジェイミー·キング、ローン、信号の最高経営責任者(CEO)は述べています。外国人とのコミュニケーションの概念でマスマーケットの関心を生成するために:それはローンシグナルのテキストメッセージングプロジェクトの目標です。 ローンシグナルのウェブサイトは、月曜日の夜に公衆に起動すると、誰もが自由のための1つの144文字のテキストメッセージを投稿することができるようになります。その後、彼らは4つのテキストメッセージを買う99セント、4つの “クレジット”を購入することができます。 メッセージはグリーゼ526、地球に比較的近いです潜在的に居住太陽系に梁されています。 言語コンピュータが通信するために使用 – – 物理学の基本原理を含んでいる任意の言語で記述することができ、テキストメッセージに加えて、ローン·シグナルを同時にバイナリコードで書かれたメッセージを送信します。アイデアは、これらの原則は、宇宙全体に適用し、これにより、英語で書かれたテキストメッセージを、と言うよりも、外国人には理解される可能性が高いということです。 そのメッセージには、天体物理学者や惑星科学者マイケル·W·ブッシュ、国立電波天文台で仲間によって開発されました。 ローンシグナルの幹部は他の惑星からの生物との通信の可能性について共有熱意に基づいて集まった多様な集まりです。王はロックスターゲームズ、ベストセラー “グランド·セフト·オート”シリーズの背後にある会社の共同設立者である。同社の他のクリエイターは、ファッションカメラマンやビデオゲームの開発者が含まれています。 レイ·カーツワイル、グーグル(GOOG、フォーチュン500)のエンジニアリングのディレクターであるハイテク社会ではよく知られている数字は、サイトへのアクセスを早期に与えられた、メッセージをキューに入れられていた。それは読む: “特異点大学から526グリーゼにご挨拶あなたがこれを受け取るように、私たちのコンピュータは、あなたと宇宙の知恵を理解するために、より良い、よりスマートな私たちを作った。” このサイトは、いくつかのきちんとした機能を備えています。ユーザーは、他の誰かにメッセージを捧げ、それらのメッセージを追跡、それぞれが旅してきたどのくらい見て、リアルタイムで見ていることができます。サイト訪問者は、送られてきた他のメッセージを読むことができます。ローンシグナルは、そのメッセージがマイルストーンをヒットしたときに、ユーザーに定期的に電子メールを送信する予定です。 幹部は、彼らが操作を実行し続ける必要がありますどのように多くの有料顧客言わないだろう。ここでは、プロジェクト内の唯一の投資家はグレッグKadel、最初の会社共同設立者ピエール·ファーブルとのアイデアを孵化したファッション写真家である。 “我々は、我々は非常に無駄のない操作を実行している、と私たちの多くは、実際に無償で作業していると思う”とキング氏は述べています。プロジェクトの費用は、長年使用されていなかったJamesburgの、プラスJamesburgのでオンサイトエンジニアのために払って、ローンシグナルのウェブサイトを維持するための継続的なコストで機器へのアップグレードが含まれている。 非現実的なプロジェクトでは、批評せずにはできません。一部の人々は、我々は、彼らが存在している必要があり、これらの地球外生命体の気質を知らないので、空間内での人間へのメッセージを送信すると、スマートではないかもしれないと心配している。 ( “独立記念日”と思うのではなく、 “E.T.”) 我々はすでに我々の存在をブロードキャストしているのは良い仕事をやったことが、長い信号指摘。 “科学界は、我々はいくつかの70年の間、これらの距離で検出可能である電波を送信してきたことをよく承知している、”ローンシグナルに対して最高科学責任者として機能し、博士号を取得してヤコブHaqq-Misraのは言うペンシルベニア州立大学で気象学と宇宙生物学である。レーダー、テレビ、衛星放送、携帯電話、さらには街の明か​​りが空間に移動信号を発する。 “天文学と宇宙生物学者と科学者は誰もが私たちのために見たい場合は、私たちの場所は秘密ではないことを合意している、”と彼は言う。 ローンシグナルはちょうどその与えたい “こんにちは、私たちはここにいる!”ビーコンブースト。 Continue reading →