Twitter Джек Дорси в глазах мэра Нью-Йорка в работе

Twitter соучредителем Джек Дорси живет в Сан-Франциско, а не Нью-Йорк. Но технологии предприниматель, который также основал мобильных платежей компании-площади, сообщает “60 минут” он хочет переехать в Нью-Йорке однажды и баллотироваться на мэра. “Что мне нравится в Нью-Йорке только электричество Я чувствую себя прямо сейчас,” сказал он CBS News ‘Лара Логан в сегменте, который был показан […] Continue reading →

Twitterのジャック·ドーシー目ニューヨーク市長の仕事

Twitterの共同ファウンダーのJack Dorseyはサンフランシスコではなく、ニューヨークに住んでいる。しかし、また、モバイル決済会社のスクエアを設立したハイテク起業家は、彼がいつかニューヨークに移動して、市長に立候補したい “60ミニッツ”を伝えます。 “私はニューヨークについて愛することだけで私はすぐに感じる電気です”と、彼は日曜日放映セグメントにCBSニュース “ララ·ローガンに語った。 “それはすべてがあなたの周りに荒れ狂っている。それは雷雨の真ん中に車の中にいるような種類のものだ。カオスですが、あなたはその車内安全です。ニューヨークがそのように私には非常に感じているようにします。” 10億ドル以上の富裕層で、Dorseyは億万長者から転身したニューヨークの政治家としてのマイケル·ブルームバーグの足跡をたどるだろう。ビッグアップルへの移行はまたニューヨーク大学に通い、彼は同社のウェブサイトに侵入した後、ティーンエイジャーとしてニューヨーク派遣会社に雇われたドーシー、のための一種の帰郷となる。 現金無しとnoのクレジットカード?電話でのお支払い 2012年:成長Twitter上Dorseyは、ドーシー、36学習、セントルイスで育ち、コンピュータや勉強電車で遊んで家で多くの時間を過ごした。彼はまた、警察のスキャナを持っていて、Twitterのためのインスピレーションは、市の緊急通報センターからのおしゃべりの短いバーストを聴いから来たCBSを告げた。 “彼らは常に彼らが現在どこに彼らがやっているのか、行っているかについて話していますそして、それはTwitterのためのアイデアは(から)来たところで…、” Twitterのためのコードを作成したドーシー氏は、 140文字のメッセージ。 “そして(携帯電話で)私は私がやっていること、あったところ、突然、我々は更新することができ、私は行くよどこに、私はどのように感じていますし、それが全世界に出て行くでしょう。” 12月には、Twitterはそれが200万の月間アクティブユーザーを突破したと発表した。 Dorseyは彼らは世界中だ。彼は人々が2006年に立ち上げ、Twitterを、採択された “と万人の異なった方法でそれを使用してどのように迅速に誇りに思っていると語った。そして、彼らがどこにいてもTwitterは、5ドルの携帯電話を取るために、それらを可能にし、 、自由のための世界と通信する。 ” 2010年に発売、広場は現在400人以上の従業員を有しており、コーヒーチェーンのプロセス販売取引を支援するスターバックスで採用されています。 DorseyはSquareのアイデアは、彼はクレジットカードを受け入れることができなかったので、彼が2000ドルの販売を失ったことを挫折した友人、ガラス職人、と話してから来たと語った。 ドーシーはまた、彼の従業員は、彼はゴールデンゲートブリッジの素晴らしい景色を眺めることができますランズエンドと呼ばれるサン​​フランシスコの場所に会社の外出を導くインスピレーションを維持していると述べた。 Dorseyは、 “芸術と工学の間に、この完璧な交差点”彼が呼ばれる橋の効用とエレガントなデザインを、賞賛すると言うとソフトウェアが同じように動作するはずと考えています。 Continue reading →

Δουλειά Jack Dorsey του Twitter μάτια Νέας Υόρκης δημάρχου

Twitter συν-ιδρυτής Jack Dorsey ζει στο Σαν Φρανσίσκο, όχι Νέα Υόρκη. Αλλά η τεχνολογία επιχειρηματίας, ο οποίος ίδρυσε επίσης το κινητό πληρωμών πλατεία της εταιρείας, λέει “60 Λεπτά” θέλει να μετακομίσει στη Νέα Υόρκη κάποια μέρα και να τρέξει για το δήμαρχο. “Αυτό που μου αρέσει για τη Νέα Υόρκη είναι μόνο η ηλεκτρική ενέργεια […] Continue reading →

Twitter’ın Jack Dorsey gözleri New York Belediye Başkanı işi

Twitter’ın kurucusu Jack Dorsey San Francisco, New York değil yaşıyor. Ama aynı zamanda mobil ödeme şirketi Meydanı’nda kurulan teknoloji girişimci, o bir gün New York’a hareket ve belediye başkanlığına aday olmak istiyor “60 Dakika” söyler. “Ne New York hakkında aşk sadece ben hemen hissediyorum elektriktir,” o Pazar yayınlanan bir segment CBS News ‘Lara Logan söyledi. […] Continue reading →

Twitter Jack Dorsey okuloj Novjorko urbestro laboron

Twitter kunfondinto Jack Dorsey vivas en San Francisko, ne Nov-Jorko. Sed la teknologio entreprenisto, kiu ankaŭ fondis moveblaj-pagoj kompanio Square, rakontas “60 Minutoj” li volas movi al New York iu tago kaj kuri por urbestro. “Kion mi amas pri Nov-Jorko estas ĝuste la elektro mi sentas la momento,” li diris al CBS News ‘Lara Logan […] Continue reading →

Cyber ​​επίθεση για την εκλογή Φλόριντα εγείρει ερωτήματα

Είναι ένας φόβος που κρατά εμπειρογνώμονες στον κυβερνοχώρο μέχρι το βράδυ: μια επίθεση σε ένα online σύστημα εκλογής. Προφανώς, αυτό είναι τώρα έρθει να περάσει. Σύμφωνα με μια μεγάλη έκθεση επιτροπή για τα προβλήματα σε μια 14 Αυγ 2012, αρχική εκλογή στο Miami-Dade County, Florida, “κάποιος δημιούργησε ένα πρόγραμμα υπολογιστή που αυτόματα, συστηματικά και γρήγορα […] Continue reading →

Florida seçimde Siber saldırı soruları yanıtlayan

Bir online seçim sistemine bir saldırı: Geceleri cybersecurity uzmanlar uyutmayan bir korku var. Görünüşe göre, artık geçmek geldi. Bir 14 Ağustos 2012 sorunları hakkında bir jüri raporuna göre, Miami-Dade County, Florida ön seçim, “Birisi otomatik, sistematik ve hızlı Seçimler sayıda sahte on-line istekleri İlçe Bölümü teslim olduğu bir bilgisayar programı hazırlandı Mektupla oy pusulaları için. […] Continue reading →

Cyber ​​atako Florido elekto proponas demandojn

Estas timo, ke ĝi subtenas cybersecurity spertaj ĝis la nokto: atako kontraŭ interreta elekto sistemo. Ŝajne, ĝi estas nun okazis. Laŭ ĵurio raportu pri problemoj en aŭgusto 14, 2012, primara elekto en Miami-Dade County, Florido, “iu kreis komputila programo kiu aŭtomate, sisteme kaj rapide donita al la Graflando de Fako de Elektoj multnombraj falsaj on-line […] Continue reading →

Cyber ​​hyökkäys Florida vaalit herättää kysymyksiä

Se pelko, joka pitää tietoverkkojen asiantuntijat yöllä: hyökkäys verkossa vaalijärjestelmää. Ilmeisesti se on nyt käynyt toteen. Mukaan valamiehistön raportin ongelmista 14 elokuu 2012, esivaalit Miami-Dade County, Florida, “joku luonut tietokoneohjelman, joka automaattisesti, järjestelmällisesti ja nopeasti toimitettu County Department of Vaalit useita tekaistuja verkossa pyyntöjen varten poissaolija äänestysliput. ” Se on ensimmäinen dokumentoitu hyökkäys Yhdysvaltain vaalit, […] Continue reading →

フロリダ州の選挙に対するサイバー攻撃が問題を提起

それは夜にサイバーセキュリティの専門家が最新の状態に保ちます恐怖です:オンライン選挙システムに対する攻撃。どうやら、それは今渡すために来ている。 マイアミデイド郡、フロリダ州で2012年8月14日、予備選挙での問題に関する大陪審のレポートによると、 “誰かが自動的に、体系的かつ急速に選挙多数の偽のオンラインリクエストの郡の部に提出したコンピュータプログラムを作成しました不在者投票のために。 ” それは米国の選挙の最初の文書化された攻撃だが、CNNとのインタビューで検証議決財団とカリフォルニア有権者財団のボード上にあるコンピュータ科学者デビッド·ジェファーソンは、言った。 サイバー攻撃の下でアメリカ セレブを狙ってハッカーはレポートは2500不正要求が提出されたと指摘している。 (観点については、マイアミデイドは昨年7月と10月に別の174919 139047不在者投票用紙を郵送。) 郵便による投票が増加すると、システムは挑戦されたという事実は、サイバーセキュリティの専門家のための気になる。 “”それが起こっていないのはなぜですか “、コンピュータ科学者は、これが可能であることを行っていることを何年も前から言ってきた、と私たちにカウンターの一つがあったそれが起こった場合、それがどんな証拠を残さずに起こるかもしれないので、我々は常に言う、私たちは、知らない、 “アビ·ルービン、サイバーセキュリティの専門家であるジョンズ·ホプキンス大学のコンピュータサイエンスの教授は述べた。 “そして今、我々は最終的にそれが実際に起こるのでしょうかという証拠を見始めている。” として攻撃を分類ジェファーソン、 “弱い”は、それにもかかわらず、気にするいくつかの理由を強調した。 “これは、攻撃者は、彼らが何をしていたか知っていたことは明らかだが、それは意図的に(と)自分の曲をカバーしようとしなかった – 彼らは意図的に自分の行動を隠れていた、”と彼は言った。また、彼は “それは彼らの動機が何であったか全く明らかではない”と付け加えた。 報告書によると、マイアミデイドのオンライン投票要求システムは、ユーザー固有のログインやパスワードなしで、 “非常に低い”セキュリティを持っていた。当該選挙のベンダーは、要求とそのフラグの付いたの流入を指摘した報告書は述べている。 選挙関係者に雇われた “ベンダー…それは不在者投票の要求1)膨大な数は、コンピュータの同じグループから提出されているように見えたように見えたときに不審になったこと、2)は人間的に不可能であった速度で提出されていた画面上のデータはユーザーが入力されていた場合、 “報告書は述べている。 “米国内から少なくとも一つの詐欺的な要求があったものの、”要求は、主に海外のIPアドレスから来たと、レポートには、追加された 大陪審のレポートは2012年12月19日にリリースされた。彼らは今まで広範全国的な注目を受けなかったものの、その結果は、マイアミ·ヘラルド先月報告された。 フロリダ州は、もちろん、選挙snafusは新参ではない。単独で2012年には、状態が期日前投票のための日数と時間数を短縮法的措置長い行、混沌とした投票所との紛争を耐えた。しかし、ジェファーソンはオンラインでの問題点では、状態は最悪には程遠いですが、と言っている。 ワシントンとメリーランド:彼は、自分とサイバーコミュニティで彼の同僚は、彼らのオンライン登録システムでは “深刻な脆弱性”を持っていた二つの状態を発見したと述べた。 “ブルガリア、言うに座った状態で、それが、オンライン投票、数千人の登録を変更するスキルの多くを取ることはないため、これらの危険性は非常に厳しかった”と彼は言った。 ハッカーはますます洗練された取得すると、ルービン氏は、将来的にもっとサイバー攻撃があるだろうと予想している。確かに、でも脇選挙を入れて、インターネットへの浸潤のサービス拒否攻撃、盗まれたパスワードやその他の例のレポートはニュースでレギュラー発生である – そして、彼らは大企業、政府機関、さらにはセキュリティ企業に影響を与えましたが、ジェファーソンは、観察する。 それは、我々は古い木箱に投票用紙を落とすに戻すしているわけではありません。ルービン氏は、選挙当局は “彼らの脅威を理解するのがかなり良い仕事をしている”と信じているそしてそれを扱うように準備される – それは、投票者は最悪の事態に計画する必要がなければならないような微妙な問題であるというだけです。 “と私が”いつ “と言うではない – “最初に行うべきことは、インターネット上のサービスを提供する前にあなたは、あなたが攻撃しているときに応答しようとしている方法を知っているように、脅威の現実的な理解を持っているあなたが攻撃している “場合、”と彼は言った。 確かに、ジェファーソンはマイアミデイドレポートはコンピュータ科学者の懸念一蹴した当局に対するウェイクアップコールとして働くことを望んでいます。 “私にとって、もちろん、これは驚きではない。私は多くの状況で、これと非常に悪いを見てきました”と彼は言った。これは米国の選挙で初めて本物の文書化された攻撃方法であるため、 “しかし、それは特大の重要性を持っている我々は今我々が善意のサイバー攻撃の米国の選挙の例を持っていると言うことができますあなたは私たちを信じてする必要はありません – 。我々その大陪審レポートを書いていなかったのだ。それを読んでください。 ” サイバー上の脅威は、下院の諜報当局者が警告する、悪化 アラン·ブリル、クロール諮問Solutionsのシニアマネージングディレクターは、ウェイクアップコールは速やかに受信されることを楽観視している。 “あなたは20日を振り返ってみると、25年、(議員が)コンピュータの本当の理解がありませんでした。しかし、時間をかけて、それが上げ潮のようなものだ”理解のある、と彼は言う。 “あなたはこのような分野で多くの専門家を得るとき、私はリスクがより明らかになると思うし、彼らはそれについて何かをすることが、より緊急になります。” Continue reading →