Видимо, это вопросы: вирусный некролог Миссисипи человек

Вы, наверное, никогда не встречал Гарри марки. Я никогда не встречался с ним тоже. И, к сожалению, сейчас он ушел. Гарри покинул этот мир в прошлую субботу. Ему было 80. Конечно, нет никакой реальной причины, почему каждый из нас должен знать, Гарри. Он просто какой-то парень из Лонг-Бич, штат Миссисипи. “Видимо, это вопросы” Является еженедельно […] Continue reading →

どうやらこの事項:ミシシッピの男のバイラル死亡記事

おそらくハリースタンプに会ったことはない。私はどちらか彼に会ったことはありません。そして、悲しいことに、今、彼は逝ってしまった。ハリーは先週の土曜日この世を去った。彼は80であった。 もちろん、私たちの誰もがハリーを知っている必要があります理由は本当の理由はありません。彼はただのロングビーチ、ミシシッピからいくつかの男だ。 “どうやら、この事項は、”私は完全な敬意をもっていることを言うソーシャルメディアtrends.Thoughでジャレットベリーニの毎週(とややランダムな)外観です。 “ほんの一部の男は”通常は芝刈り機を修正するために使用するツールです。またはあなたの犬の面倒を見てくれます。またはローンあなた彼のトラックには、コストコに行って、80プディング​​の場合、おそらくいくつかのロブスターディップを購入することができますので、 私はニーズを持っています。トラックは、参考になる。 世界のほとんどは、今では、インターネットのおかげで、男を満たすためにやったことがなかったしながらしかし、数え切れないほどの数千人が彼の名前を知っている。そしてそれがために今まで書かれた最も偉大な死亡記事のいずれかのすべてです。 アマンダ·ルイスは彼女の父を褒めるために座ったとき、彼女は彼女の言葉がウイルスに行くだろう知っているだろう方法はありませんでした。一般的に言えば、彼らは欠ける猫に傾向があるため、死亡記事は、乱暴に、オンラインの周りに渡されません。 どのハリーが大嫌いだった。 ハリーは彼の草で染色されたミシシッピ州立大学の野球帽を愛していました。 “彼はウイルスの手段で行くかわからないだろう”と、アマンダは地元の日ヘラルド紙に語った。 “彼は人々を介して主に他の病気を持っている彼を興奮させたであろう、契約した病気だと思っていただろう。” 結局、ハリーに失われることはありません “競争力のある病気。” だから、彼女のお父さんのためのアマンダさんのユーモアと感動死亡記事はすぐにFacebookやその他のソーシャルメディアサイトに広まり、そして、読者は彼女が食通と粋な服装をしているように説明男の素晴らしい感情に扱われた。この最初のポイントに – 彼は食通であることのその – アマンダは今月クラブのベーコンで彼の会員を指摘している。 これさえ存在しているという事実は、私たちすべての希望を与えるべきである。 一方、ハリーもむしろ変に思われないコーンブレッドのチャンクを添えバターミルクで満たされたマティーニグラスを愛していました。 (これは、乾燥したラーメンを食べる男は言う。) 奇妙かにかかわらず、アマンダは “誇りのポイントとして、彼は彼が主張彼の人生の80年間に食べたすべての食事を覚えておく。”と付け加え そして、それはスタイルに来たとき、彼を持つことになり、世界の滑走路がありませんでした。それは、言う、実際の滑走路であった場合を除きます。 ハリーの娘、アマンダは、彼の死亡記事を書いた。それはすぐにインターネット上で行ったウイルス “彼の署名日常の外観はすべての彼でした:。織機のファッションハウスフルーツによって設計され、プレーンポケットTシャツ…彼の黒ラベル弾性ウエストショートパンツはへその上に着用し、限定で販売サムズ·ハイウェイ49。 ” しかし、最も重要なのは、ハリーは彼の草で染色されたミシシッピ州立大学の野球帽を愛していました。それは彼のもののようなものだった。 そして、どういうわけか、あなたは男の人生を振り返ってみるとき、それは単に、よりずっといい音 “うん、お父さんはブルックス·ブラザーズに実際にあった。” そこではありません –   – ないブルックスブラザーズに何か問題があることが、その草で染色されたMSUの野球帽のような面白い方法は、最終的には、何かのそれのソートが重要であるように思われる。 それはあまりにもグロスではないかぎり、なんでもかまいません。 “老いたウィルバーは、60年連続で、その非常に同じアンダーシャツを身に着けていた。それを洗浄しないでください。あなたはツーソンから彼の匂いを嗅ぐことができます。” はい、ちょうどその帽子のように、ハリーは生活の中で簡単な事を楽しんで、彼は彼の周りの自然界のための信じられないほどの放浪癖を持っていた。アマンダは、彼女のお父さんが広く旅と書いている。 “彼は唯一の最高品質AAA格のキャンプ場に滞在し、”死亡記事は書かれている。 “多くの年後、彼は生活のために彼の娘を台無しスタイルで旅行するために彼の家族のために使用されるポップアップキャンピングカーを購入しました。” しかし、ハリーは好きではなかったというものがありました。猫のほかに、彼はまた、 “ロー&オーダー”マーサ·スチュワート、そして夏時間を立つことができなかった。 娘: “私の父は私が今まで知られている最も本格的な人でした。”後者に、アマンダは彼が彼が彼の時計を春しなければならなかったことは非常に日に死亡している彼の家族にそれが失われていない “、を指摘することを確認しましたフォワード。これが唯一の彼の最終的な抗議として表示することができます。 ” 全体の死亡記事は、これらのような小さな宝石を充填し、それを任意の正義を尽くす私がここに書くことができるものは何もありませんしています。あなたは、単に自分自身でそれを読む必要があります。それは華麗だ。 私は彼女のお父さんの写真を求めアマンダをメールで送信したとき、彼女は私に戻って書いて、この全部が現実離れだ “とし、私の父は私が今まで知られている最も本格的な人でした。それは、このすべての人がそう多くの人々に共感されたことを私をくすぐる” と死亡記事の結論で、アマンダは彼女のすべての男の父親は、おそらく、もう少し共鳴する可能性を期待した。それは嘆願で終わる。 “最後に、家族はハリーに敬意を表して、あなたの議員を書くことと、夏時間の廃止を求めることを要求します。ハリーは誰もが主の時間に戻ってきた。” もちろん、ワシントンの政治家は、おそらくハリーの名前に含まれる任意の抗議に耳を傾けることはありません。 彼はただのロングビーチ、ミシシッピからいくつかの男だった Continue reading →

Ilmeisesti tämä Matters: Mississippi miehen viruksen muistokirjoitus

Et varmaan ole tavannut Harry Postimerkit. En ole koskaan tavannut häntä. Ja valitettavasti, nyt hän on poissa. Harry jätti tämän maailman viime lauantaina. Hän oli 80. Tietenkään ei ole mitään todellista syytä, miksi kenenkään meistä pitäisi tietää Harry. Hän on vain joku kaveri Long Beach, Mississippi. “Ilmeisesti tämä Matters” Onko Jarrett Bellinin viikoittain (ja hieman […] Continue reading →

Προφανώς αυτό Θέματα: ιογενής νεκρολογία του Μισισιπή του ανθρώπου

Ποτέ δεν πληρούνται πιθανώς Harry Γραμματόσημα. Ποτέ δεν τον συνάντησα ούτε. Και, δυστυχώς, τώρα που έφυγε. Ο Χάρι άφησε αυτόν τον κόσμο το περασμένο Σάββατο. Ήταν 80. Φυσικά, δεν υπάρχει πραγματικός λόγος για τον οποίο ο καθένας μας θα πρέπει να γνωρίζουν Χάρι. Είναι απλά ένας τύπος από Λονγκ Μπιτς, Μισισιπής. “Προφανώς Αυτό θέματα” είναι […] Continue reading →

Ŝajne Ĉi Matters: Misisipi viro viral obituario

Vi verŝajne neniam renkontis Harry Poŝtmarkoj. Mi neniam renkontis lin ankaŭ ne. Kaj, bedaŭrinde, nun li estas for. Harry lasis ĉi mondo lasta sabato. Li estis 80. Kompreneble, ne estas reala tial ajna el ni devas scii Harry. Li estas nur iu ulo de Long Beach, Mississippi. “Ŝajne Ĉi Matters” Ĉu Jarrett Bellini la semajna […] Continue reading →

Οι επιστήμονες πιο βέβαιο ότι είναι σωματίδιο μποζόνιο Higgs

Πάνω στην ώρα για τα γενέθλια του Άλμπερτ Αϊνστάιν Πέμπτη, οι επιστήμονες παραδοθεί συναρπαστικά νέα για το πώς λειτουργεί ο κόσμος. Το περασμένο καλοκαίρι, οι φυσικοί ανακοίνωσαν ότι είχαν προσδιορίσει ένα σωματίδιο με τα χαρακτηριστικά του άπιαστο μποζόνιο Higgs, το λεγόμενο «σωματίδιο του Θεού». Αλλά, όπως συχνά την υπόθεση στην επιστήμη, που χρειάζεται να κάνετε […] Continue reading →

Sciencistoj pli sekura ol partiklo estas _Higgs_ bosono

Ĝustatempe por Albert Einstein naskiĝtago Hieraŭ, sciencistoj transdonis ekscita novaĵoj pri kiel la universo funkcias. Lasta somero, fizikistoj anoncis ke ili estis identigitaj partiklo kun trajtoj de la disdegna _Higgs_ bosono, la tiel nomata “Dio partiklo.” Sed, kiel ofte okazas en scienco, ili bezonis fari pli esploro por esti pli certa. Ĵaŭdon, sciencistoj anoncis ke […] Continue reading →

Tutkijat varmempi että hiukkanen on Higgsin bosoni

Juuri ajoissa Albert Einsteinin syntymäpäivä torstaina tutkijat toimittaa jännittäviä uutisia siitä, miten maailmankaikkeus toimii. Viime kesänä, fyysikot ilmoittivat tunnistettu hiukkasen ominaisuuksia vaikeasti Higgsin bosoni, niin sanottu “Jumalan hiukkanen.” Mutta kuten usein tapahtuu tieteen, heidän piti tehdä lisää tutkimusta olisi varmempaa. Torstaina, tutkijat ilmoitti, että hiukkanen, havaitaan Large Hadron Collider, maailman tehokkain hiukkas-hurmuri, näyttää vieläkin kuin […] Continue reading →

粒子はヒッグス粒子であることを科学者たちは、より確か

ただアルバート·アインシュタインの誕生日の木曜日の時点では、科学者たちは、宇宙がどのように機能するかについての刺激的なニュースを伝えた。 昨年の夏、物理学者は、彼らはとらえどころのないヒッグス粒子、いわゆるの特性を持つ粒子同定したことを発表した “神の粒子”。しかし、科学の多くの場合のように、彼らはより一定であることがより多くの研究を行う必要がありました。 木曜日には、科学者たちは、大型ハドロン衝突型加速器は、世界で最も強力な粒子粉砕機で検出された粒子は、さらにヒッグス粒子のように見えたことを発表しました。 ニュースは大型ハドロン衝突型加速器のATLASとコンパクトミューオンソレノイド実験で科学者からラトゥイール、イタリアのMoriond会議で来た。これら二つの検出器は、高エネルギーでお互いに素粒子のクラッシュの存在に陥る珍しい粒子を探しています。 なぜ “神の粒子”大したことは何ですか? ビーバーに “神の粒子”のリンク 科学者確認、 “神の粒子”は存在する CERNの所長と話す “フル2012年のデータが設定された予備的な結果は壮大であり、私にはそれは我々はまだそれがどんなヒッグス粒子の知るには長い道のりを持っているが、我々はヒッグス粒子を扱っていることは明らかである、 “ジョーIncandela、コンパクトミュオンのソレノイド実験のスポークスマンは、声明の中で述べている。 科学者たちは、最初の最後の7月4日ヒッグス粒子の結果を発表したときに彼らが持っていたよりも、2年半の倍以上のデータを分析した。 ヒトから惑星への銀河へ –   – 質量を持つヒッグス粒子は、宇宙の万物は、その理由に関連付けられています。粒子は我々の宇宙に浸透ヒッグス場と呼ばれるもの、のコンポーネントです。これは完璧なアナロジーではないが、私は昨年、彼と話したときブライアン·グリーン、理論的なコロンビア大学の物理学者と “NOV​​A”のホストは、この比較をしています: “あなたは目に見えないの糖蜜のようなお風呂の一種と考えることができますが、まだ我々はすべてその中に浸漬している”グリーンは言った。 “電子のような粒子は、糖蜜のようなお風呂を通って移動しようとしたとして、彼らは抵抗を感じる。そして、その抵抗は、我々は、私たちの大きな日常の世界では、電子の質量のようなものと考えることです。” それがこの “物質”、ヒッグス粒子で作られたフィールドがなかったら、電子は質量を持っていません。だから、ヒッグス粒子なしで、私たちは全くここではないでしょう。 粒子のsmasherと望遠鏡はどのように関連するか それはあなたが思うように溯源しなかったため、多くの物理学者は、用語 “神の粒子”を嫌う。ノーベル賞を受賞した物理学者レオン·レーダーマンは、タイトルに “神の粒子”で本を書いたが、伝えられるところによれば、彼は実際に呼びたかったのだろうと言った “最悪な粒子。” ヒッグス粒子が実際に存在するという証拠を持つことは、宇宙がどのように機能するかについての現在の理解のために重要である。 ヒッグス粒子についての驚くべき事実は、科学者がその存在を予言してから、むしろ他の方法で回避するよりも、(または強く何かに似ている)、それを検出したということです。彼らは、異常を見て、それが何であったか疑問に思うしませんでした。粒子のみ計算されますが、直接観測されなかった宇宙に関する概念を確認します。 彼らが発見した粒子は本当に素粒子物理学の標準モデルによって予測されたいずれかである場合、しかし、科学者たちは知らない。そのモデルは、原子よりも小さいスケールで何が起こるかのためにそこに最高の説明ですが、まだそれに穴をたくさん持っているし、そのモデルを越えてそこに他の説がある。 これは、大型ハドロン衝突型加速器で発見ヒッグス粒子は、それらの他の理論に収まる可能性があります。その外を理解するために、科学者たちは、他の粒子にどのくらいの速ボソンの崩壊を見て、予測に対してどのように減衰率スタックを参照してくださいする必要があります。 大型ハドロン衝突型加速器は、フランスとスイスの国境近くに17マイルのトンネル内に位置しており、CERN、欧州原子核研究の組織によって運営されています。 8000000000000電子ボルト(TeVの):100億ドル粒子粉砕機は、粒子の衝突で達成されるエネルギーの量のために、2012年に記録を樹立しました。 LHCは、メンテナンスとアップグレードのフル長いステイケーションのために先月閉鎖。約2年後、それは、13 TeVのとオンラインで戻ってくるだろう。 ヒッグス粒子は、粒子の衝突の多くがかかって検出 – 毎兆陽子 – 陽子衝突における唯一の一つの観測イベントがあり、CERNは言った。 ヒッグス粒子のニュースはアインシュタインの誕生日を持つだけでなく、Pi日、3月14日だけではなく一致している。これらのイベントは完全に無関係ではないです:Incandelaは、数値piは大型ハドロン衝突型加速器の計算になったことを昨年CNNに語った。たとえば、科学者たちはどのように “ループ”計算する際にpiを使用する必要があります – 他の粒子に変身粒子をしてから、再度元の粒子を作るために一緒に戻ってくる – 粒子の質量に寄与している。 Continue reading →

Ученым еще уверены, что частицы бозона Хиггса

Как раз на день рождения Альберта Эйнштейна четверг, ученые доставлен захватывающие новости о том, как работает Вселенная. Прошлым летом, физиков объявили, что они выявили частицы с характеристиками неуловимый бозон Хиггса, так называемая «Бог частицы”. Но, как часто бывает в науке, они должны были сделать дополнительные исследования, чтобы быть более определенным. В четверг, ученые объявили, что […] Continue reading →