Почему сокращение расходов может быть здесь, чтобы остаться

Угроза автоматическое сокращение бюджета должно было зажечь огонь под законодателей и заставить их делать свою работу. Теперь о том, что сокращение в действительности, они могут в конечном итоге костыль, чтобы Конгресс избежать трудных решений о том, где деньги должны быть потрачены и где она должна быть сокращена. Конечно, обе стороны продолжают осуждать по-бортовой сокращений, который […] Continue reading →

Kial elspezado parlamento povas esti tie resti

La minacon de aŭtomata buĝeto parlamento devis ekbruligas fajron sub leĝfaristoj kaj devigi ilin fari siajn laborojn. Nun ke la parlamento estas en efekto, ili povas fini esti lambastono lasi Kongreso eviti farante malmola elektojn pri kie mono devus esti eluzita kaj kie ĝi devus esti tranĉitaj. Certe, ambaŭ partioj daŭre decry la trans-la-estraro parlamento, […] Continue reading →

Apple kaj Google grandega streaming muziko ludas

Se Apple kaj Google debut streaming muziko servoj, ili ne estos garantiita sukceso. La teknologio gigantoj estos eniri kampon jam saturita kun dekoj da ludantoj, kaj industrio spertuloj diras ne ĉiuj postvivos. Fortuno raportis ĉi tiun semajnon, ke Google (GOOG, Fortune 500) planas YouTube abono muziko servon. Apple (AAPL, Fortune 500) ankaŭ raportite intertraktas terminoj […] Continue reading →

Apple, Google и огромные потоковой музыки авантюра

Если Apple и Google дебют потоковых музыкальных сервисов, они не будут гарантировать успех. Технологические гиганты будут входить поле уже насыщен десятками игроков, и отраслевые эксперты говорят не все выживут. Фортуна на этой неделе сообщила, что Google (GOOG, Fortune 500) планируют музыка YouTube абонентского обслуживания. Apple (AAPL, Fortune 500) также сообщается переговоров соглашения с музыкальными лейблами, […] Continue reading →

AppleとGoogleの巨大な音楽ストリーミングギャンブル

AppleとGoogleのデビューは、音楽ストリーミングサービスなら、それらは成功を保証するものではありません。ハイテクの巨人はすでに数十人のプレイヤーで飽和したフィールドを入力され、業界の専門家は誰もが生き残っていくだろうと言う。 フォーチュンは、Google(GOOG、フォーチュン500)YouTubeのサブスクリプションの音楽サービスを計画していることを今週報告された。アップル(AAPL、フォーチュン500社)も、伝えられるところによれば、iTunesにストリーミングオプションを追加するには、音楽レーベルとの条件交渉を進めている。 しかし、彼らの自称ライバルはすでに非常に長いリストを作る:パンドラ(P)は、Spotifyは、ラプソディ、iHeartRadio、RDIO、モグ、ヴィーとデイジーをほんのサンプリングです。 “世界はストリーミングサービスの数十を必要としない、”ラスCrupnick、NPDでストリーミングメディアアナリストは述べています。 “市場でいくつかの余裕を得るために大きな課題があるでしょう。” AppleとGoogleはよくあるため、企業の規模とブランド認知度のストリーミング音楽での成功を得るために配置することができる。 しかし、単にお馴染みの名前であることは十分でないかもしれません。 MySpaceは、恵みから落ちている、とMicrosoftの(MSFT、フォーチュン500)Xboxの音楽は賛否両論に秋にデビューした。 Napsterは、ポスト海賊人生を生き抜く、2011年12月にライバルRhapsodyに販売されていない可能性があります。 AppleとGoogleが持っている大きな利点は、デバイス事業との相乗効果である。どちらも、iPhoneの、のiPad、iPodやAndroidデバイス上で事前にロードされたアプリケーションとしてのストリーミングサービスを宣伝でした。 それでも、PandoraやSpotifyのような中小企業は、すでに独自の印象的な加入者の数字を切り開いてきた。 Pandoraは音楽とプレミアムサービスの重要なアプリケーション内での販売を駆動する、AppleのiTunesのApp Storeで3番目に高い興行収益を上げているアプリです。 Crupnickは、AppleとGoogleが成功する見込みがあるが、機会の窓は、高速閉鎖されていると考えている:あり最終的には、彼によれば、3〜5成功したストリーミングサービスになるだろう “と、それは第6、8、10に名前を付けるのは難しいでしょう、または25。 ” 誰が企業が群衆の中から自社のサービスを差別化できるかに依存する可能性があり、その上位5つのリストに表示されるようになる。 “ニッチを開拓しているものは自分自身のためによくやっている”とポールResnikoff、業界誌デジタル音楽ニュースの創設者であり、出版社は述べています。 “すべての取引アプローチのジャックは、通常、最高ではありません。” たとえば、すべてのクリケットの電話機で利用可能なリープ·ワイヤレス(LEAP)ヴィー音楽サービスは、今や140万加入者がいます。 Leapはムーヴィーは、米国で最大の購読音楽サービスであると言います。月にほぼ6600万リスナーを持っていたパンドラは、支払われた加入者の番号を終了することはありません。 “[ムーヴィーである]誰がタップされていないことを非常に携帯電話を当て、低所得市場に素晴らしいグラブ、” Resnikoffは言った。 関連ストーリー:ビルボードミュージックビデオを保存する方法 まだGoogleやAppleのような主流のブランドはニッチの聴衆のために解決しそうにはありません。ユーザーへのマーケティング関連する音楽やイベント、広告は大成功を収め、企業かもしれない – 特に簡単にiTunesやGoogleの巨大な広告ビジネスのような彼らの様々な既存のサービスの向こう側にその情報を活用することができる、AppleとGoogleのために。 空間内の競争の膨大な量にもかかわらず、業界の専門家は、潜在的な収益機会は、AppleとGoogleのためのショットの価値がギャンブルをすると言う。 “そのデータは貴重である”とCrupnickは言った。 “あなたは私が探しているものを知っていれば…あなたは私のより効果的であるより多くの広告を送り、コンサートやショーについてお知らせ。絶叫成功できることをアンロックすることができます誰でもできます。” Continue reading →

Startup svela scanner 3-D al SXSW

Quattro anni fa un avvio sconosciuto chiamato MakerBot presentati al South by Southwest Interactive conferenza qui con un prototipo del suo primo desktop stampante 3-D, che sputare repliche in plastica di piccoli oggetti. Bre Pettis, della società co-fondatore, ha preso la macchina intorno ai fori di irrigazione di Austin, lo mise sul bancone e ha […] Continue reading →

SXSWのスタートアップを発表3次元スキャナ

MakerBotと呼ばれる未知のスタートアップ4年前には、小さな物体のプラスチック製のレプリカを吐き出すその最初のデスクトップ3次元プリンタのプロトタイプと一緒にここに西南インタラクティブ会議で南に現れた。 BREペティス、同社の共同創設者は、オースティンの散水穴の周りにマシンを取ったバーでそれを設定し、ショットグラスを印刷することで、その能力を披露した。 “彼らは非常に人気があった”と彼は言った。 金曜日に、ペティスは、3000人の満員のホールの前に基調講演として、SXSWで戻って3次元印刷はハイテクの世界でホットトレンドであるというさらなる証拠がこの時間でした。もう一度、彼は彼と一緒に新しいプロトタイプを持ってきた。 この時間MakerBotは、小さな3次元オブジェクトをスキャンすることができますデスクトップデバイスを発表しました。 MakerBotデジタイザと呼ばれる、それは、お客様が印刷されるリプリケーターに得られたデジタルファイルを供給してから、オブジェクトをスキャンさせることで、同社のレプリケータプリンタを補完するために作られたサービスだ。 MakerBotは直径約8インチ(ペティスは例として、小さなプラスチック製のガーデンノームを持って来た。)にオブジェクトをスキャンするために2つのレーザーとウェブカメラを使用してスキャンし、そのproducts.Theデジタイザで印刷することができる小さなノームの彫刻のこのイメージをリリースプロセスは3分未満をとります。デジタルスキャンが完了すると、そのオブジェクトはすぐに印刷することができます。それは、ゼロからデジタル印刷モデルを設計するためのソフトウェアを使用するよりも簡単かつ高速です。 “これはサイエンスフィクションである思い描くであろうものですが、実際には、それが本当である – そしてそれはとてもクールです”と、試作品、モデル、部品、アーティファクトをアーカイブまたは複製するための優れたツールとしてデジタイザを説明ペティスは、次のように述べて彫刻やその他のオブジェクトは “何かが壊れてしまった場合、あなたはそれをスキャンし、それを再度印刷することができます。” 彼は、スキャナがこの秋に市場に出回るだろうと述べた。価格はMakerBotのプリンタに匹敵する場合がペティスは、それはコストがいくら言っていません –  2000ドルに3000ドル – それは、ほとんどの中小企業の経営者の手の届くところになるでしょう。 シンプルなおもちゃやジュエリーから可動部の複雑なオブジェクトに至るまで –  3次元印刷のプロセスは、実世界のオブジェクトを作成するためにコンピュータに作成されたデジタルモデルを使用しています。プリンタは、アイテムを生成するために溶融プラスチックの層に層を積層することにより、モデルの形状に従う。 オバマ大統領は、米国の製造業や燃料新しいハイテク雇用を復活させることができるものとして、一般教書演説の彼の状態でそれを強調したときに新興の3次元印刷業界は先月ブーストを得た。 ニューヨークベースMakerBotは自宅3次元印刷が比較的手頃な価格で急成長している分野での先駆者として浮上している。昨年ワイアード誌の表紙をはねたペティスは、業界の広告塔となっています。 “私は、我々は無事に3次元印刷革命があれば、彼は最高司令官であると言うことができると思います”と、SXSWのインタラクティブディレクターのヒュー·フォレストは、金曜日にペティス、MakerBotの最高経営責任者(CEO)を導入することで言いました。 彼の発言で、ペティスは、彼は人々が自分たちの生活を向上させる3次元プリンタを使用している多くの方法を見て興奮していたと言いました。彼は、3次元プリンター製の低コストの補綴を受け、彼の右手の指を持たずに生まれ、南アフリカの少年のスライドを、示した。 “今(3-Dプリント)で起こっているルネサンスはあります。それは物事を作り、共有することが簡単になったことはない”と彼は言った。 “もしあなたが望むなら、庭のノームで世界を塗りつぶすことができます。” 3次元プリンタは、いつかあなたがおそらく必要とすることができる任意のオブジェクトを印刷することができます場合は、聴衆の誰かはペティスに尋ねた。 “はい、最終的には、”と彼は言った。 “いくつかの制限が(今は)あります”と、彼はそのようなチョコレートなどの食品を、印刷するMakerBotの乱雑な試みを引用して、追加された。 そのデジタイザスキャナのMakerBotの発表は、一般的にアプリやソーシャルメディアツールではなく、ハードウェアを起動するために知られているSXSWのインタラクティブで珍しい出来事です。しかし、小さいながらも成長している会社 – ペティスは、彼が50人を雇うために探していると述べた – すでに他のスタートアップのためのロールモデルになりつつあります。 “起業家として、あなたはそれが(成功する)ことが可能だと信じていなければならない”と彼は聴衆からの質問に答えた。 “MakerBotが働いていた理由の一つは、我々はそれがあることを行っていたいかに難しいかを知らなかったということです。” Continue reading →

Inicio revela escáner 3-D en el SXSW

Hace cuatro años, un desconocido llamado MakerBot inicio se presentó en la conferencia South by Southwest Interactive aquí con un prototipo de su primer escritorio impresora 3-D, que escupe réplicas de plástico de objetos pequeños. Bre Pettis, la empresa co-fundador, tomó alrededor de la máquina a los agujeros de riego de Austin, la puso sobre […] Continue reading →