日本銀行はデフレに戦いを取る

日銀は市場の予想を上回った政策の大胆なセットを発表し、デフレ木曜日に対して積極的なキャンペーンであることを約束するのか立ち上げました。

新しくインストールされた安倍晋三首相は、中央銀行の2%のインフレ目標のトップ政治的優先事項になりました。彼の指令: “可能なすべては” 2年以内に目標を達成するために行わなければなりません。
中央銀行は木曜日にインフレ目標を達成するための約束、義務は “できるだけ早い時期”。
日銀は、それが長期的な債務とETFのようなよりエキゾチックな有価証券を購入することで、バランスシートを拡大するだろうと述べた。銀行はまた、資産購入プログラムを合併し、長期的な債務の購入を禁止するルールを一時停止。
新規購入 –  70000000000000円 –   –  60年間のペースで行われ、2年間にわたり、銀行のマネタリーベースを倍増します。
阿部は、中央銀行は、日本の低迷する経済を刺激するには十分に行われていないことを力強く主張している – と作った彼の選挙キャンペーンの目玉。彼は、通貨の価値、国の輸出業者の利益になる傾向を引き下げるための積極的な政策の動きを支持する。
アイデアは、その景気刺激について政府支出と組み合わせた追加緩和は、世界第三位の経済のために、より堅牢な成長につながる、価格とデフレの終わり年を押し上げる可能性がある。
ときどきと呼ばれる安倍の戦略、 “Abenomicsは、”日本のチーフの中央銀行として、白川を成功するために黒田東彦の月に成功した指名との後押しを得ました。
木曜日の政策発表は、黒田が銀行をリードした第一号だった。
関連ストーリー:日本の中央銀行に期待
懐疑論者は、しかし、たくさんある、とさえ阿部締め切りより2%の目標を打つことは難しいかもしれないことを認識しています。具体的には、経済学者は、日本の賃金の持続的な下落圧力、達成するためにインフレが困難になる傾向が心配されています。
銀行のプッシュが遅くなる可能性がもう一つの要因:通貨戦争を焚き上政治的反発の恐怖。黒田と阿部両方が外国債券を購入する見通しで尻込みしている – 円に対し自国通貨の価値を駆動することによって競合する国を傷つける可能性の動きを。
でも、これまで中央銀行が非常に具体的な行動をせずに、市場は言葉は新しいリーダーシップの下での行為に変えられることを願って強く対応してきました。
円が10月の初めから対米ドルで20%の下落、大幅に弱体化しています。日経は11月中旬以降に42%以上を追加して、涙でてきました。
木曜日に日銀の発表後、円はさらに弱体化し、日経はその早朝損失を比べ。債券購入の波は、2003年以来の低水準に日本の10年債の利回りを押した。
事実は、黒田と阿部が刺激オプションの数が限られていることに変わりはない。金利は、中央銀行の主要なツールは、すでに非常に低くなっています。
1月に、日本では、新鮮1170億ドル政府支出の計画を発表した。国はすでに世界で最も高い債務の対GDP比を持っており、膨大な政治的意志は、さらに政府支出策を提起するために必要とされるであろう。

Leave a Reply