グーグルの明確化:私たちは、ユーザー情報を販売していない

先週初め、メディアは、Googleを含むいくつかのハイテク巨人、ニュースを破った、米国政府にはいくつかの企業は、ユーザーのプライバシー情報を提供すると述べた。国家安全保障会議は、ヤフー、アップル、グーグルと9のサーバー内の他のテクノロジー企業を含むアクセスを指示することができることを報告し、諜報機関は、コンピュータシステムの監視に直接行くことができます。
グーグルは、国家安全保障上の要求が含まれているユーザー情報の詳細を提供するために、政府に開示されている。
ニューヨーク·タイムズ紙はまた、Googleのユーザーデータ送信プロセスが共通のプロトコルを使用してファイル転送FTP、完全に合法である火曜日に報告。 Googleの最高法務責任者は、英国のメディアは説明しテレビのインタビューを受けたと語った。
FTPはシンプルな締約国が合意のファイルをアップロードおよびダウンロードです。これは、フォルダのオンライン等価であり、いずれかの当事者は、ファイル転送を操作することができます。 Googleの最高法務責任者にPBSテレビのニュース番組では、氏ドラモンドは、また、政府ではなく、Googleの行動そのFTPサーバーを強調した。
“また、ファイル内部を呼び出している間私たちは、内側に書類を提出している。”このプロセスでは、Googleのサーバーのいずれかを経由せずに。
戻る今年の4月に、Googleの最高法務責任者ドラモンドはすでに国家安全保障及び範囲特権の番号について詳細な情報を解放するために火曜日に政府に求める公開書簡を発表した。
一部のメディアは、米国国家安全保障局(NSA)は、PRISMと呼ばれるプログラムを持っていることを指摘している。このプログラムを通じて、多​​くのよく知られている技術系企業のサーバシステムに直接アクセスする諜報機関。アップル、フェイスブック、ヤフー、マイクロソフトとSkypeの技術の巨人を含むリストに載っている。が報告されている、 “メール、チャット、ビデオ、写真、データストレージ、ファイル転送、ビデオ会議やその他の情報を含むすべてのラウンドインテリジェンス検索オブジェクトの追跡、傍受を拡大することができPRISM。
ドラモンドは、公共PRISMを害する噂を鎮めるために公に話すそのことのために特別に作られた。
Googleの広報担当レスリーミラーは “グーグルが注意深くユーザデータのセキュリティ上の問題と考えられてきた。人々はしばしば政府のシステムで我々と言う”オープンドア “が、Googleがユーザーのプライベートデータへの政府のアクセスを許可しない”と述べた。
Googleや他のハイテク企業が繰り返しのみ承認する政府からの正当な要求を満たすため、彼らはサーバー政府への直接アクセスを提供しないと言っているが。しかし、多くの問題は依然として政府の監視プログラムの下で生き残るためにどのように存在し、これらの企業が原因政府の規制に、より多くの情報を開示しないことができると言いました。
“我々は非常に憤​​慨しているので、人々は、したがって、この問題は、会社に関する誤解の多くを引き起こしています。”ドラモンド氏が言及した。
Microsoftは、唯一の “後で法律または裁判所の召喚状に拘束”、同社は顧客データを提供することを金曜日に言いました。 Facebookの共同創設者兼CEOのZuckerbergはまた、これは、政府の侵入サーバーのPRISMプロジェクトを可能にする前に、木曜日に会社のことを聞いたことがなかったと述べた。 Zuckerbergは声明で述べている、 “受け取ったならば、我々は任意の政府機関全体の要求を受け取っていない、我々は積極的にこれを守ります。”
このファイル転送機構がトラブルを起こしたために、技術の巨人で働いている従業員は、最も重要なことは、データは、政府がより多くの情報要求メッセージを開示する必要が理由である、企業の政府のために正義を求めることであると考えています。

Leave a Reply